MENU

大学生のメイクはファンデなし?いらない?どこまでが最低限のメイク?

大学生になって「私もメイクに挑戦してみたい!」と思った時「ファンデーションって塗ったほうがいいの?」「最低限のメイクって?」などと疑問に思うかもしれませんね。今回は新大学生にぴったりのファンデなし「ノーファンデメイク」についてご紹介します。

目次

ノーファンデのメリット

まず、「ノーファンデメイク」というのはファンデーションを使わないメイクのことです。

メイクと言えばまずはファンデーションを塗って、そこからアイシャドーを塗って・・・とイメージするかもしれませんが、ファンデなしでも肌をキレイに見せることは可能なんです。

今まで、あまりメイク経験のない、みなさんはピンと来ないかもしれませんが、ノーファンデにはメリットがたくさんあります!

可愛らしくなれるなら「手間をかける!」「お金をかける!」「素肌もキレイかもしれないけどお化粧したらもっとキレイ(かも)」とテンションが上がってきますよね。

でも、年を重ねてお化粧にファンデーションが必須になってから、誰しもが「ノーファンデが可能だった幸せ」に気づきます。ノーファンデのメリットを知っておいても損はありませんよ!

それでは、ノーファンデのメリットをご紹介します。

ノーファンデは楽ちん

簡単に言ってしまえばノーファンデの魅力は「楽」なことです。メイクの1行程が減りますし、ファンデーションには必須なスポンジなどを使う手間も洗う手間も減りますよね。

また、ファンデーションのテクスチャ選び(リキッドかクリームかクッションか等)や色選びってなかなか大変です。照明の関係でも、自分の顔色は違って見えますし、自分ではどの色が合っているのか判断が付きにくいと思います。色選びを間違えば、顔だけ白くなったり、首との境目が目立ってしまうかもしれません。

そして、ファンデーションは色が付くので「ムラなく塗る」ということも大事です。「ムラなく塗る」ために何度もスポンジをすべらせたり、軽くたたいたりと技術が少し必要になります。その技術をファンデーションを塗る顔全体に駆使するのはけっこう大変かもしれません。大変なことはできるだけしたくないですよね。そんな大変なことをしなくてもよい「ノーファンデ」は絶対に「楽」です。

  • ファンデーションのスポンジがいらない(洗う必要もない)
  • ファンデーションの色選びを間違える心配がない
  • ムラなく塗る手間がいらない

ノーファンデは時短になる

メイクってかけようと思えばいくらでも時間をかけてしまえるものです。でも、朝一に講義があったり、バイトを始めたりすると絶対時間が足りなくなってきます。特にファンデーションは顔全体に関係してくるので、ノーファンデならメイク時間を大幅に短縮できるでしょう。

メイクは最低限にすることで、忙しい大学生の毎日を効率的に過ごすことができます。この少しの時間が「ちりつも」になって貴重な大学生生活を長く楽しめるはずです。ノーファンデは時短を目指す方にぴったりです。

ノーファンデでは、講義・バイト・大事な大学生活に長い時間を使うことができる

ノーファンデはお金がかからない

ファンデーションって高いですよね。やはり汗や皮脂に崩れにくいように様々な技術を使っていたり、美容液成分を入れたりしているせいで、その価格は1万円を超えてしまうこともあります!

そしてお化粧を落とすときも、普通の洗顔料だけではなく、「クレンジング」が必要になってきます。洗顔料よりもクレンジングって高価なことが多いです。眉毛やアイメイクのポイントメイク用クレンジングならまだしも、顔全体のクレンジングは量も半端ありません。ファンデーションを使うことを決めるということは「ファンデーション」+「クレンジング」のお金がかかってきますので、ノーファンデはお金がかからないと言えます。

ファンデーションを使えば「クレンジング」も必須になりお金がかかる

ノーファンデはメイクがよれない

メイクしたての時はキレイでも、時間がたつとメイクはよれてきます。具体的には、まぶたや目の端にファンデーションがたまったり、いつの間にか手で触って一部分だけメイクが落ちたりします。

特に夏は大変!メイクが終わったとたん、汗がつーっと流れて台無し、ハンカチで汗をふけばファンデーションがとれてしまうかもしれません。

マスクを取ったら「マスクにファンデーションの色がべっとり」すごく嫌ですよね。「こんなにマスクに付いてて、お化粧くずれてたんじゃ。。」と不安になるし、かといってずっとマスクをつけっぱなしだと苦しいし。マスクを付けたりはずしたりするたびにメイクの様子が気になっては勉強にも遊びにも集中できませんよね。

マスクが必須の今は、特にノーファンデがおすすめ

ノーファンデは素肌の美しさを活かせる

女の子同士で旅行に行ったときなどに「ファンデなしの方が綺麗じゃない?」と思ってしまう女の子っていますよね。ファンデーションって汗でよれたり、マスクに擦れてとれたり、崩れた時にとても汚くなってしまいます。

「もっとキレイになるかも!」とファンデーションを使ったら、肌荒れして逆効果って本当によくあることです。結果的に、「キレイになるため」だったお化粧が「肌荒れを隠すため」に必要になってしまうんですよね。ファンデーションをつけたままだと肌荒れって治りにくいですし。。どんどん悪循環になってしまうかもしれません。

もともと素肌がキレイな方は、その肌の美しさを損なわないためにも、特にファンデーションを使わない方がよいでしょう。

ファンデーションは肌荒れ(肌のくすみ)(毛穴のひらき)の原因になる

ノーファンデは肌がキレイになる

また、ファンデーションは毛穴をふさいでしまい、肌呼吸が妨げられます。日中ずっと毛穴がふさがれているのと、そうでないのとでは肌環境に大きな差がでてきます。

それにちょっとやそっとの汗に負けないように「油」「粉」が組み合わさってできています。崩れにくいメイクを目指すには「落ちにくいファンデーション」はとても助かるのです。しかし「落ちにくい」ということは、夜、家で落としたい時にも「落ちにくい」ということです。寝ている間中顔に油や粉をつけっぱなしでは、お肌に悪いことは誰にでもわかりますよね。

ノーファンデを続ければ肌荒れはどんどん回復する

ノーファンデではニキビができにくい

ファンデーションが小さな毛穴をふさぐことによって、毛穴内に皮脂がたまってしまいます。たまった皮脂には「アクネ菌」がたくさん繁殖してしまい「ニキビ」ができてしまいます。「ニキビ」ができやすい方は、毛穴にファンデーションが残らないように、相当クレンジングに気を遣う必要があるでしょう。

ファンデーションは毛穴をふさいでニキビの原因になる

まとめるとノーファンデには

  • 楽ちん
  • 時短になる
  • お金がかからない
  • メイクがよれない
  • 素肌の美しさを活かせる
  • 肌がキレイになる
  • ニキビができにくい

以上いろいろなメリットがあることがわかりました。

ノーファンでのデメリット

ノーファンデにはメリットがたくさんありましたね。しかし、反対にデメリットはないのでしょうか?ノーファンデのデメリットについてご紹介します。

ノーファンデは「キチンと感」が出ない

学生の間はそんなに気にする必要はありませんが、社会人になればファンデーションを使ったメイクは必要かもしれません。一番の理由は「キチンと感」です。

社会人になれば、ほとんどの方はスーツを着ることが多いでしょう。スーツでなくともフォーマルな衣装に身を包むと、すっぴんの肌は、少々違和感を感じさせるのです。Tシャツでは生き生きとして見えたすっぴんも、スーツとなるとだらしなく見えたりします。ファンデーションで肌をマットに整えた方が、統一感がでますし落ち着いて見られやすいです。

ノーファンデは肌の「あら」が隠せない

たとえニキビや、目立った肌荒れがなくても、細かい肌の「あら」というものは出てきます。

例えば

  • 毛穴のひらき
  • 目まわりのくすみ
  • くま

大学の課題で夜遅くまで勉強したり、楽しさに時間を忘れて友達と遊ぶこともあるでしょう。夜更かしは肌に悪く、夜更かしを続けていると、若くても肌に気になる部分が出てくるはずです。そんな時に、ファンデーションは肌の気になる部分「あら」を隠してくれます。

まとめるとノーファンデには

  • キチンと感が出ない
  • 肌のアラが隠せない

というデメリットがあることがわかりました。

フォーマルな衣装を着る機会が少なく、メイク経験がなく肌がキレイな学生さんにはデメリットはほとんどないと言えるでしょう

ファンデーションを使うべき人

ノーファンデの「メリット」「デメリット」を見てきましたが、その上でファンデーションを使ったほうがよい、場合はあるのでしょうか?

肌の毛穴やくすみが気になる人

メイクを続けてきて肌に負担をかけていると、「毛穴のひらき・黒ずみ」などが目立ってくることがあります。高校生までの食生活や生活環境で、もしかしたらメイク未経験の方でも気になる方はいるかもしれません。

「毛穴のひらき」はどは鼻・頬・額などの広範囲にわたって気になるものです。「肌のくすみ」はまぶたや頬、口まわりなど「なんとなく気になるな」という感じで肌に出現してきます。

そんな場合は広く塗ることができるファンデーションでカバーすることが向いているといえるでしょう。

肌にコンプレックスがある人

大学生になりたて、の若い時などはファンデは塗らないほうが綺麗、これは確かです。

しかし「ノーファンデ」では生まれ持った肌の実力差を感じてしまうんですよね。小さな日本の中でも生まれた地域によっては、めちゃくちゃ肌のキレイな子がいっぱいいたりします。特に日照時間の短い地域、北海道や北陸の女の子って、すごく肌が綺麗。色が白くてキメが細かくて「なんで私は。。」って気分になったりするかもしれません。

暗い気分になるくらいなら、ぜひファンデーションを使ってみましょう!くれぐれも肌を痛めないように、家に帰ったらすぐにクレンジングをして肌に負担をかけないように気をつけてあげて下さいね。

紫外線予防をしたい人

アウトドアでキャンプを楽しんだり、市街と比べて標高が高い山などでは紫外線の量も段違いです。高SPFの日焼け止めをたっぷり塗った後に、ファンデーション、そしてパウダーをはたくのがよいでしょう。紫外線にも、汗にも油にも強い肌をつくることができます。天気の良い日も安心して登山を楽しむことができますね。

フォーマルな式典に出席する人

学生の間に親戚の結婚式・披露宴に出席することもあると思います。そんな時には少しキラッとさせたドレスやアクセサリーを付けたくなりますよね。特別な日のフォーマルな衣装にはファンデーションで作り込んだ肌はとても合います。

周りは親戚などの気の置けない方が集まると思いますので、すっぴんが失礼になることはないと思います。しかし、多少お化粧が派手になってもそれが相応しい席なので思い切ってファンデーションありの華やかなメイクを楽しんでみるのも、きっと楽しめると思いますよ。

社会人になってからいきなりファンデーションに挑戦するよりも、学生時代に一度くらいは試してみたほうがいいかもしれませんね。親戚の結婚式、サークルの発表会などの機会があるなら試してみることをおすすめします。

肌の広範囲を隠したい人、肌にコンプレックスがある人、紫外線予防をしたい人、フォーマルな式典に出席する人はファンデーションを使うことが向いています

ファンデ派の意見

完成度重視のファンデ派

やはりファンデーションを使うと「すきのない肌」を作ることができます。化粧品のポスターに出ているモデルさんのような完璧な肌を目指したい人はファンデ派が多いようです。

艶感重視のファンデ派

韓国の女優さんのような水感のある「つやつやの肌」「ぷるぷる肌」にはやはりファンデーションがおすすめです。ファンデーションは美容液などの水分を含ませることができるので、艶感を重視される方はファンデーションを試してみることをおすすめします。

カバー力重視のファンデ派

しみやくま、隠したい場所が多めの方にはファンデーションが人気です。やはりファンデーションにはカバー力があります。生まれつきの「あざ」などを隠したいかたも、カバー力があるファンデーションを使っていました。

モデルのような「完成度」「艶感」「カバー力」を求める方はファンデ派

ノーファンデ派の意見

洗顔だけ(クレンジングなし)でメーク落としのノーファンデ派

クレンジングなしで、いつもの洗顔料だけでメイクを落とせるのは、最高に楽ちん!このノーファンデ派の意見には誰もが納得なのではないでしょうか。

「他人は気にしてない」のノーファンデ派

ファンデーションを使っているのか、ノーファンデなのか、意外と周りの人は気づかないものです。目立ちやすい眉毛やアイメイクに重点を置いた方が効率がよいのかもしれません。

クレンジングを使いたくないなどの「時短重視」他人の目は気にしない「ナチュラル思考」の方はノーファンデ派

ノーファンデメイクをする手順 

肌を痛めず楽をしながら、できるだけキレイに見えるメイクをしたいですよね。そのために最低限必要になってくるのが「日焼け止め」か「化粧下地」+「フェイスパウダー」です。

ノーファンデメイクの手順はこちら

一番簡単ノーファンデメイク手順

必要なもの「日焼け止め」「フェイスパウダー」

  1. まずは基礎化粧
    1. いつもの化粧水・乳液で肌を整える
  2. 少し時間をおく
    1. 化粧水と乳液がなじむまで5分ほど時間をおくと、べとつきがおさえられます
  3. 日焼け止めをぬる
    1. ここでUVケアをしていきます(紫外線はしみ・肌の乾燥の原因となります)
  4. フェイスパウダーをパフやブラシではたく
    1. 日焼け止めによる「べとつき・てかり」をおさえる
    2. 皮脂による「てかり」をおさえる、皮脂による「前髪のべとつき」もおさえられます
    3. 粉の効果で「さらっとした桃肌」にする「パール効果で透明感」を出す

ちょっと肌色補正ノーファンデメイク手順

必要なもの「化粧下地」「フェイスパウダー」

  1. まずは基礎化粧
    1. いつもの化粧水・乳液で肌を整える
  2. 少し時間をおく
    1. 化粧水と乳液がなじむまで5分ほど時間をおくと、べとつきがおさえられます
  3. 化粧下地をぬる
    1. ここでUVケア+肌色のトーンアップ・毛穴ぼかし・赤みけし、などをする
  4. フェイスパウダーをパフやブラシではたく
    1. 化粧下地による「べとつき・てかり」をおさえる
    2. 時間経過で発生する皮脂による「てかり」をおさえる、皮脂による「前髪のべとつき」もおさえられます
    3. 粉の効果で「さらっとした桃肌」にする「パール効果で透明感」を出す

以上の2種類の手順だけでも、すっぴんよりはかなり違ってくるはずです。アイテムも日焼け止めor化粧下地で1つ、フェイスパウダーで1つの2品です。気軽に試すことができるのではないでしょうか。

「化粧下地とフェイスパウダーのみ」のノーファンデメイクが、ちょっぴりお化粧をした感もあっておすすめです。

でも、まずは一品という方には、フェイスパウダーのみだけでも絶対に使った方がいいです。日焼け止めはみなさんすでに持っていると思いますので「フェイスパウダー」を1品追加するだけで、「てかり」がおさえられ、清潔感が増す事でしょう。

ノーファンデ派おすすめの化粧下地

ラロッシュポゼ(トーンアップローズ)

ラロッシュポゼの中でも、「ラロッシュポゼ トーンアップローズ」はロングセラーの大人気化粧下地です。紫外線予防効果はSPF50と高いですし、肌色トーンアップ、ピンク色で血色アップ効果もあります。

Amazonで現在3,740円と少々高めですが、「ずっと使っている!」といった口コミも多く、失敗のない化粧下地と言えるでしょう。

「艶が出る」、「肌が明るくなる」といった意見が多くありました。

ポール&ジョー(ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー)

「ポール&ジョー ラトゥー エクラ」は大人気化粧下地です。紫外線予防効果はSPF20で普段使いには十分です。肌色補正をしてくれるラベンダーパールが女性を美しくみせてくれます。肌色が黄色っぽくみえる方におすすめです。

並行輸入品が多く出回っていますが、「色が違う」といった意見もありますので国内正規品をおすすめします。

ちなみに「ポール&ジョー ラトゥー エクラ」は今では化粧品から撤退した、かつての大人気化粧下地ソニアリキエルの「ラトゥーエクラペルフェクシオン」を参考に作られています。「肌をキレイにみせる下地」という事に関して長い歴史のある化粧下地だと言えるでしょう。

予算的に厳しいと思う方も多いですよね。次はプチプラ化粧下地のご紹介です。

なめらか本舗 薬用美白スキンケアUV下地

「豆乳イソフラボン」の名前で見たことのある方も多いのではないでしょうか。最近Twitterなどで使っている方が増えている、人気急上昇の化粧下地です。紫外線予防効果はSPF40と高いですし、スキンケア効果もあり、なんといっても安い!

Amazonで現在879円です。ドラッグストアにも売っていますので気軽に試すことができます。

「肌荒れ予防」に重点を置いた、お肌に優しい化粧下地と言えるでしょう。

スキンアクア (skin aqua) 透明感アップUV

ラベンダー色のとても目立つパッケージで目を引きます。ドラッグストアで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。Amazonで現在880円です。パール効果でお肌の透明感を高めてくれますので、リーズナブルかつ肌色補正の効果が欲しい方におすすめです。

「Tシャツや白いブラウスにつくと取れにくい」といった意見がありましたので、洋服を汚さないように注意しましょう。具体的には、目の下、頬の内側に塗るようにして洋服に付きやすい顔の輪郭近くにはあまり塗らないことがおすすめです。

ノーファンデ派おすすめのフェイスパウダー

高価ですが、昔から人気のあるフェイスパウダー2選をご紹介します。

ミラノコレクション フェースアップパウダー

毎年リニューアルして発売されています。Amazonではと値段がお高めですが、量が多く、また「ミラノコレクション」の魅力と言うべき美しい細工のコンパクトには高級感があります。「パフが気持ちいい」といった意見も多いです。

シャネル プードゥルユニヴェルセルリーブル

「最も有名な」と言っても過言ではない超有名フェイスパウダーです。

20代から60代まで長年に渡って、幅広く人気があります。種類がありますが、一番使いやすい色は#20でしょう。Amazonでは現在6,930円です。しかしデパートなどで買えば少々値段は高くなるかもしれませんが、シャネルの可愛いショッパー(紙袋)や試供品がもらえます。お金に余裕のある方におすすめです。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

「高級ブランド品を使っていたがこちらも良い!」といった意見もありました。リーズナブルに試してみたい方におすすめです。学生の方にとても人気があり、Amazonでの評価数が、なんと3,000を超えています。ぜひ参考にしてみて下さいね。

上級者のノーファンデメイク

ノーファンデに慣れてきたら、「もう少し華やかに」「より可愛く」といった希望も出てくると思います。そんな時には、ナチュラルメイクを意識していきましょう。ナチュラルメイクは男性にも魅力的にうつるはずです。

ポイントは

ビューラーやマスカラで目力アップ(つけまつげはNG)

うっすらピンクチークで可愛らしさ・血色感をアップ(薄くを意識する)

眉毛を整えて美人度アップ(長い毛をカット・眉尻を少し書き足すなど少しだけ)

など、自分の魅力を活かすため少しだけ手を加えることがナチュラルメイクには重要です。

まとめ

今回は、大学生におすすめの「ノーファンデメイク」についてメリット・デメリット、そしておすすめの化粧品をご紹介しました。

メイクに慣れてくると、ノーファンデメイクだけでは物足りなくなるかもしれません。

そんな時もすぐにファンデーションを使うのではなく、ノーファンデで気になるところはコンシーラーなどでピンポイントに「あら」を隠したり、「マスカラ・ビューラーでまつ毛を目立たせる」や「チークで華やかにして」肌に目を行かなくする、などのメイク方法から始めるのがおすすめです。

ノーファンデで、みなさんの素肌の美しさを長く保って、メイクを楽しんで下さいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる